運動&筋トレの驚くべきアンチエイジング効果とは?

運動&筋トレの効果

健康と美容のための大切な生活習慣として必ず挙げられるのが運動ですが、最もないがしろにされている生活習慣であるのは間違いありません。 血行や新陳代謝の促進、冷え、ストレスにも効果的ということで運動することで得られる効果は計り知れません。

運動に加えて、できれば付け加えてほしいのが筋トレです。日頃から筋肉を鍛えているかいないかは見た目年齢に大きく影響します。

運動する人としない人の差は年を追うごとに明らかに....

若いころというのは、運動習慣のあるなしというのはそれほど見た目を左右する要素ではありません。

しかし、年齢差よりも個人差が大きく影響してくる30代以降になると、運動習慣がある人とない人の間で徐々にその差が開いてきます。 一番分かりやすいのは運動習慣のない人は体型を維持するのが難しくなってくるということでしょうか。

若さが失われることで細胞や組織の劣化や機能低下がはじまるわけですが、それを最小限に踏みとどまらせるだけでなく、 一部はカバーしてくれるのが運動の効果だったりします。

肌やカラダにどんなプラスの影響があるか以下にまとめてみました。

血流を促進して末端まで酸素や栄養が行き渡るようになる

一番実感できる効果といっていいのが血行促進作用でしょう。血流が滞ってしまっていては身体の各部位に酸素も栄養も行き渡りませんから 本来の機能を発揮できなくなります。運動して血流がよくなればそうした問題を解消することができます。

自律神経を整えてストレスを緩和する効果がある

運動はストレス対策をはじめ、不安やうつ状態を改善するなどメンタルヘルスにおいても非常に有効な手段だといわれています。 交感神経の緊張が解けることやβエンドルフィンやセロトニン、ノルアドレナリンといった脳内神経伝達物質の分泌が促されるからというのが理由の1つです。

血糖値を下げることができるので糖化予防になる

運動時には大量のエネルギーが筋肉で必要とされることもあり、血中の糖が大量に消費されるため、血糖値を抑制することができます。 食後15分くらいしてから運動をすると食後高血糖を抑えることができるので糖化を防ぐことができます。

ミトコンドリアを活性化することができる

息が切れない程度のやや強めの運動をすることで若返りスイッチであるサーチュインワン遺伝子がONになり、筋肉細胞でエネルギーを作り出すミトコンドリアを活性化します。 ミトコンドリアは生命活動に必須のエネルギー(ATP)を作りだしていますが、加齢とともに減少し、元気がなくなります。


見た目年齢を大きく左右する「筋肉」の存在

加齢とともに減っていくものは数多くありますが、筋肉もその1つです。これといった運動習慣がない人の場合、 30歳を過ぎた頃から毎年1%ずつ減るという話は聞いたことありませんか?

女性は男性に比べると、もともとの筋肉量が少ないということもあり、加齢によってさらに筋肉が減少するようなことになると筋肉量の不足によって生じるさまざまなトラブルにさらされるようになります。

  • 便秘
  • 冷え
  • 太りやすくなる
  • 膝を痛める
  • 骨盤が歪む
  • 姿勢が悪くなる

筋肉量=基礎代謝力というのはご存じだと思いますが、筋肉が減ることで太りやすくなりますし、太った体重を太ももの筋肉で支えられなければ、 膝関節に負担がかかって骨や軟骨の変形が起こってしまうことは珍しくありません。

女性の場合は紫外線対策によるビタミンD不足であったり、女性ホルモンが減少することで骨が急速に弱まるといったことも重なるので、 筋肉がないとカラダを支えきれずにゆがみが生じる可能性が男性よりもずっと高いといえるんですね。

筋力がなくなって脊柱を支えきれなくなり、背中がまるまってしまったら丸くなってしまった人を見て、健康で若々しいと思う人は誰もいないでしょう。 姿勢を美しくキープすることも見た目年齢を若く保つには必要不可欠だということです。


筋肉を鍛えることがほうれい線にどう直結するかということもお話しておかないといけませんね。 顔の筋肉を鍛えることがほうれい線対策になるというのは、これは説明は不要でしょう。

表情筋トレーニングでほうれい線を防ぐことができます。

ここでは顔の筋肉以外の全身の筋肉を鍛えることが、ほうれい線とどう関係してくるかを紹介したいわけですが、そのものズバリなことをいうと、 筋トレをした後に成長ホルモンが分泌されるというのが何よりの効果だと思います。

通常、寝ている時に分泌されるのが成長ホルモンなんですが、筋力トレーニングをして筋肉を傷めると、その再生と修復のため成長ホルモンの分泌量が増えるので 起きている時間帯でも成長ホルモンのシャワーを浴びることができます。

ほうれい線を防ぎ、肌の若さを保つために必要不可欠な成長ホルモンですが、睡眠中に分泌される量というのは加齢とともにどんどん減ってきてしまいます。 その減少分を補うことができるのが、筋トレなんです。これだけでもやる価値はありますよね?

で、ここで話は終わりません。

筋肉を鍛えるということは、全身のミトコンドリアを活性化させることにもつながります。なぜならミトコンドリアの85%は筋肉内にあるからです。

ミトコンドリアは摂取した糖質や脂質を燃やしてエネルギーを作り出すという超重要な役割を果たしているものですが、このミトコンドリアの元気がなくなれば、 全身の代謝が低下してしまうことになるんです。

肌も例外ではなく、なぜターンオーバーが加齢とともに遅れてくるかというとミトコンドリアの活力がなくなって、エネルギーが生み出されなくなるからなんです。

そんなミトコンドリアを元気にする方法の1つが筋トレ(有酸素運動を組み合わせたサーキットトレーニングを行うが効果が高いといわれています。)なんです。

もう筋トレをやらない理由がないですよね?ほうれい線対策にかぎらず、肌とカラダの若さを保とうと思ったら筋トレは必須ですよ。

このページの先頭へ