紫外線対策が正しくできている方は少ない!?

紫外線対策は大事です。

肌にとって紫外線が天敵だというのはいまや誰もが知っていることです。外出する際は必ず日焼け止めを塗っているという人も多いと思います。 ただ、紫外線が肌に悪いことを知識として知っていることと正しくUVケアができているかということは別問題です。

日焼け止めにしろその他のUVケアアイテムにしろ正しく使えていなければ意味がないので、 自分の使い方やUVアイテムの選び方が間違ってないか今一度復習しておきましょう。

真皮層に届くUVAが肌のコラーゲンを破壊する!

UVについて

紫外線に対する知識については女性であれば、説明しなくても誰もが知っているレベルだと思うので、サラッと説明しておきます。

紫外線には3種類あって、その波長によってUVAとUVBとUVCがあります。この3つのうち地表に届くのはUVAとUVBの2つなので、 基本的に紫外線というワードが出てきた場合、UVAとUVBの2つのことを指していることがほとんどです。

で、このUVAとUVBの違いですが、

UVA UVB
皮膚の真皮にダメージを与える 皮膚の表皮にダメージを与える
雲やガラスを通過する 雲やガラスを通過しにくい
シワ・たるみの原因になる シミ・皮膚ガンの原因になる
季節変動が少なく年中降り注ぐ 季節変動が大きく春夏に特に多い
カットする力の指標は「PA」 カットする力の指標は「SPF」

UVAもUVBもともに肌にとっては有害なのは表のとおり。ほうれい線などたるみに対する影響力が大きいのはUVAなので、 日差しが強い春夏だけ日焼け止めしていれば大丈夫というわけではないのはいうまでもありません。

秋冬や曇りの日にも紫外線対策をしっかりしてきたかどうかがシワやほうれい線を左右するかもしれないということです。

それから今やすっかりブームは去った感がありますが、日焼けサロンに使われているUVというのがUVAです。 「肌に安全なUVを使っているのでシミにならないし、皮膚ガンにもならない」ということで安全性を強調していたんですが、 ご覧のとおりUVAはシワ・たるみの原因になります。

なので、若いころに日焼けサロンに足繁く通っていたという方はそうでない人に比べてシワ・たるみがでてくる年齢が早いかもしれません。

日焼け止めを選ぶときというのは多くの人はUVBを防ぐSPFの値に注目して選ぶと思うんですが、お伝えしたとおりUVAも肌にとっては有害なものですから、 UVAを防ぐPAの値にも注目して選ぶ必要があるということです。

日常生活に使うレベルであればPA++もあれば十分でしょう。

紫外線を防ぐための正しいUVケアとは?

さて、問題はいかにして紫外線を防ぐかです。

紫外線対策の重要性は理解していても実際の紫外線対策が正しく行われていなければ意味がありません。 そして残念なことに正しいUVケアができていない人が非常に多いです。

また、これも覚えておいてほしいんですが日焼け止めそのものは肌にとって刺激であり負担がかかるものだということです。 日焼け止めを塗ると肌がピリピリして使えないという人もいるように化学物質の塊だからです。

ただそんな肌に悪い日焼け止めを使ってでも紫外線を防いだほうがいいのは、それ以上に紫外線による肌へのダメージというのが深刻だからです。 日焼け止めは肌に悪い。でも紫外線はもっと肌に悪いということです。

というわけで正しいUVケアを紹介しておきます。

「SPF値」はUVBを防ぐ持続時間を示す指標であり防御力ではない!

SPF45であればSPF15と比べて3倍の防御力があると考えがちですが、そうではありません。赤くなるまでの時間を3倍伸ばすことができるという意味です。 UVカット率にかんしてはSPF15を超えるものはほぼ同じです。

汗で落ちるから塗り直しが大事!持続時間の長さは意味がない

SPF50のものを使えば1日中安心して過ごせるかというと汗で落ちるのでそういうわけにはいきません。2~3時間おきに塗り直したほうが効果的なので、 SPF15~のものをこまめに塗り直したほうがいいです。高SPFのものは必要ないってことです。

1?あたり2㎎塗らないと効果がない!

SPFやPAの値というのは、1?あたり2㎎塗った場合の値になります。この通りに塗ると顔全体が白くなりますし。ベタつくこともあって多くの人は規定量の半分、もしくは1/4程度しか塗れていません。 規定量を守って使わないと紫外線防止効果も落ちるので、日焼け止めを塗る意味そのものがなくなってしまいます。

ベビー用だから肌に優しいというのは幻想!

少しでも肌に優しいものをということで紫外線吸収剤が不使用のものやベビー用というものを選んでいる人もいると思いますが、 肌に刺激になるのは変わりありません。特にベビー用は赤ちゃんに多い皮膚病を防ぐ成分が含まれていることもあり、刺激になることもあるので注意が必要です。

過剰なUVケアはビタミンD不足になることを知っておく

紫外線を浴びることで体内にビタミンDが合成されますが、過剰にUVケアをすればビタミンD不足になります。 ビタミンDには免疫力を高めたり、うつや乳ガンを防止したり、骨を丈夫にするなど女性ホルモンの働きを補ってくれるところもあるので女性には特にビタミンDは不可欠です。 紫外線対策を徹底するなら食品からビタミンDを積極的に摂取する必要があります。

このページの先頭へ