コラーゲンペプチドを摂取する!~肌プルプル効果は本当!

コラーゲンペプチドを摂取する!

女性の目の色が変わるキーワードに「コラーゲンたっぷり!」というものがあると思います。コラーゲンを食べた後って肌がツヤツヤになるからですよね。 これまではあくまでそう実感があるだけで実際に肌のコラーゲンが増えるわけではないと考えられていたんですが、風向きが変わりつつあります。

コラーゲンを摂取することで確実に肌のコラーゲンが増える効果がいろんな実験データから明らかになっています。

コラーゲンペプチドが繊維芽細胞のスイッチをONにする!

コラーゲンの美肌効果については、「コラーゲンはタンパク質に過ぎないんだから、胃や腸でアミノ酸の形にバラバラに分解されてから吸収されるから、都合よく肌のコラーゲンになるわけがない」 という否定的な意見が主流でした。

※今もそういう人はいます。

ただ、実感レベルでは、コラーゲンを摂取した後は肌の調子がよくなるとか肌のハリがよくなったという声が多いので、 一部の企業や大学ではコラーゲンの経口摂取については地道に研究が行われていて、ここ数年で新しい発見やデータがでてきているんです。

結論からいうと、コラーゲンを摂取することによる美肌効果はあります。もっというと肌だけでなく髪や爪、骨や関節部分の健康維持にもコラーゲン摂取が非常に効果的であることがわかっています。

従来いわれてきたことと何が違っていたかということですが、

    これまではコラーゲンを摂取してもアミノ酸の形にバラバラに分解されると考えられていたのが、 コラーゲンは他のタンパク質とは異なり、かなりの割合でアミノ酸が数個くっついたペプチドという形で吸収されている

ことがわかったんですね。

ペプチドという形で吸収されたコラーゲンは血流にのって体の各部位の細胞まで運ばれていきます。そして、運ばれた先のコラーゲンを作る材料になるかといえばそうではなく、 行き先の細胞に何らかのシグナルを送って細胞を活性化させるというのが今の主流となっている考え方です。

皮膚の場合であれば、血流にのってやってきたコラーゲンペプチドが真皮の繊維芽細胞に届けられると、そこで繊維芽細胞に対して「肌のハリ・弾力を保つための成分を作れ!」という命令を出すわけです。

その結果、コラーゲンやエラスチンといった弾力成分がたくさんつくられるので、肌のハリ・弾力がアップしてぷるぷるになるわけなんです。 コラーゲンを食べた後に肌の調子がよくなるのは決して勘違いでも思い込みでもないんですね。

髪に効果があるというのはペプチドが毛母細胞を活性化するからであり、爪や骨や関節にもいいというのもそれぞれ「爪母細胞」「破骨細胞・骨芽細胞」「軟骨細胞」に働きかけて細胞を活性化するからです。

この凄すぎる効果のせいで今やアンチエイジングや健康増進のためにコラーゲンは積極的に摂取しましょうという流れに変わってきているんです。 「摂取しても意味がない」といわれていたことが嘘みたいな展開になっているんですね。

1つだけ補足すると、老化や外部ダメージなどで肌が傷んでる状態のほうが繊維芽細胞が活性化します。なので、コラーゲンを摂取するにしても 20代の方と40代の方ではその反応は違ってくるということです。

コラーゲンの効果は1日5gの摂取量を継続することで実感できる!

お肌のコラーゲンを増やしてくれるということで、早速、ほうれい線対策に摂りいれたいところだと思うんですが、 肌への効果を期待するなら1日5gを目安にコラーゲンを摂取しないといけません。

この1日5gのコラーゲン量というのは、普通に食事で摂取しようとすると結構大変です。手羽先とかフカヒレなどにコラーゲンは多く含まれている食品はあるにはありますが、 コストやカロリー、毎日続けることを考えると無理なものが多いんですね。

現実的に考えてこれなら続けられるかな?というのが

  • 鮭2切れ(250g)
  • ちりめんじゃこ(22g)

鮭はちょっと多いかもしれませんがビタミンDも豊富ですし、抗酸化成分のリコピンも含まれ、料理のレパートリーが多いこともあって、結構おすすめです。

もっと手軽にコラーゲンを摂取したいという人は粉末タイプのコラーゲンがあるので、それを利用するといいと思います。粉末タイプは料理に混ぜたり、飲み物に混ぜたりいろいろできる点がメリットとしてあります。

  • 【ドリンク】・・・含有量は一番だが、値段が高い。
  • 【タブレット(粒状)】・・・価格は手頃だが、含有量が少ない
  • 【ゼリー】・・・甘くするための甘味料のカロリーや糖質が気になる
  • 【粉末】・・・値段、含有量、使い勝手の良さなどバランスがいい

コラーゲンはあくまで食品なので、いつ摂取してもいいですし、摂り過ぎても問題はないです。健康食品の場合、動物由来や魚由来など原料の違いがありますが、 効果に差がでることはないので、好きなものを選べばいいと思います。

なお、コラーゲンの摂取についてはできるだけ毎日摂取したほうがいいというのが今の主流ですが、 1週間おきに摂取したほうが肌のコラーゲンが増えたというデータもあるので、まだはっきりとした答えは出ていない感じです。

肌に塗るコラーゲンは意味なし!

経口摂取するコラーゲンに効果があるのなら、化粧品に配合されているコラーゲンはどう?直接肌に塗るんだから効果ありそうだけど? という疑問も出てくると思うのでそれに対して答えたいと思います。

コラーゲン化粧品にはハリ・弾力アップ効果はない。

その理由ですが、コラーゲン分子が大きすぎるので肌に浸透しないからです。低分子コラーゲンというものであっても 角質層までしか浸透せず、コラーゲンのある真皮層までは浸透しないのでやっぱり意味がありません。

あくまで肌表面で働く保湿成分としてコラーゲンは化粧品に配合されているので、ハリや弾力がアップするということはありません。 とはいっても化粧品のパッケージなどにはハリ・弾力アップを想起させるような謳い文句が踊ってますけどね。

あくまでコラーゲンの効果というのは「経口摂取」した場合だということは覚えておいてください。 それさえ知っていれば変なコラーゲン製品を買わずに済むはずです。

このページの先頭へ