女性ホルモンを維持する
コラーゲン合成をサポートするエストロゲンの存在

女性ホルモンのエストロゲンの働き

女性ホルモンの不思議なリズムに心も体も支配されているというのは、女性であれば誰もが実感しているはず。 それがきちんと分泌されることで自然と美と健康が身体の内側から生み出されて、若く元気でいられることができるわけです。

そんな女性ホルモンも30代後半に入ると閉経に向けて分泌量が低下しはじめます。 その影響が肌のハリ・弾力を失わせてシワやほうれい線につながっていきます。

35歳が女性ホルモンの切り替えの時期!?

女性ホルモンのピークは20代後半でやってきますが、バランスが取れて安定した状態というのは30代前半まで続きます。

つまり、弾力のある潤った肌やツヤのある髪、ふっくらして丸みをおびた胸やお尻、くびれたボディラインといった女性らしさは、30代前半まで維持できるってことです。(※不摂生しなければですが。)

ただ、ホルモンの絶頂期には終わりがあります。個人差はありますがだいたい35歳を境に分泌量は低下しはじめ、50歳前後に訪れる閉経に向けてあとは減少の一途を辿ります。 閉経前後の10年間は特に女性ホルモンが枯渇してしまったことによる心身の不調(=更年期障害)があるというのは有名ですよね。

女性ホルモンの分泌量が減ってくると体にはさまざまな症状がでてきます。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2つがあるわけですが、 どちらのホルモンが減っているかでカラダにあらわれる症状にも多少の違いがあります。

例えばエストロゲンが不足すると出てきやすい症状は以下のとおり。

  • 【全身】・・・疲れやすい、ほてり、胸がしぼむ
  • 【顔】・・・血色が悪くなる、ハリ・弾力がなくなる、シワが増える
  • 【頭部】・・・髪が細くなる、頭皮が乾燥する
  • 【精神】・・・不安になる、落ち込みやすくなる

一方のプロゲステロンが不足すると以下のような症状が目立ちます。

  • 【全身】・・・むくんでくる、お腹や太ももに脂肪がつく
  • 【生理】・・・生理痛が悪化する、経血量が増える
  • 【精神】・・・イライラする、甘いものが食べたくなる

どちらかの症状に偏ることもあれば、両方の症状がでてくるということもあります。いずれにせよ不快で不調でやっかい極まりないです。

ほうれい線や目元のシワやくぼみにつながるのは、エストロゲンが不足した場合です。 エストロゲンが不足するとコラーゲンやエラスチンといった弾力成分や肌の保湿物質であるヒアルロン酸の合成がうまくいかなくなってくるので肌もカサカサしてきます。

肌の潤いとハリ・弾力を保ち、シワやほうれい線を防ぐためには、特にエストロゲン不足に陥らないようにしないといけないということです。 加齢だけでなく、ストレスや極端なダイエットもエストロゲンを減少させる原因になるので気をつけましょう。

ホルモンケアで女性ホルモンの減少スピードを緩やかに

35歳からは加齢とともに女性ホルモンの分泌量は減ってきます。これはもう仕方ありません。自然の摂理なので受け入れるしかないです。

しかし、食事や睡眠、身体のケアといった毎日の過ごし方で分泌量の低下スピードをゆるやかにすることができます。

とりあえず、女性ホルモンバランスを乱す原因となる毎日の過ごし方について確認しておきましょう。

  • 【食生活】・・・ホルモンの材料になる栄養が不足すれば元も子もありません。
  • 【睡眠】・・・自律神経の安定には良質な睡眠が不可欠です。
  • 【ストレス】・・・自律神経が乱れるとホルモンバランスも乱れます。
  • 【運動】・・・血流をよくすることはホルモン分泌を促します。

規則正しい生活をして、不摂生を改めるということを心がけましょう。それから重要なのはお腹を冷やさないということです。 お風呂に入ると体が芯から温まるのでぜひ毎日の習慣として取り入れたいものです。

食生活において意識したいのは、ホルモンの材料となるタンパク質と脂質を摂取しないといけないということです。 太りそうという意識が働いて、タンパク質や脂質は控えがちになりますが、ホルモンにとってはそれは逆効果です。

脂肪として蓄えられるのは糖質ですし、糖化の原因になることもあって、糖質は減らしたほうがいいです。 しかし、タンパク質を減らすと筋肉も落ちてしまいますし、ホルモンもつくられなくなりますからこれはマイナスにしかなりません。 ササミや胸肉など脂身の少ないお肉を食べるようにしましょう。

脂質については、動物性脂質ではなく魚油に代表されるオメガ3系脂肪酸を摂取することを意識してください。 オメガ3系脂肪酸は細胞膜や性ホルモンの生成などに必要となる非常に重要な栄養素であるだけでなく、炎症を抑えるなどアンチエイジング効果が抜群の脂肪酸になります。

大豆イソフラボンは摂取しても半数の人が効果なし!?

大豆イソフラボン

体内に入ると女性ホルモンと似た働きをするということでホルモン様物質として有名な大豆イソフラボンですが、 最近の研究によると摂取したところで日本人女性のおよそ半分、30歳未満の若い女性に限ればさらに減って3割程度の人にしか効果がないことがわかっています。

その理由ですが、大豆イソフラボンを吸収する腸内細菌に問題があるそうで、11歳までの食生活で大豆を食べる機会が多いと、大豆を分解して吸収する腸内細菌が棲みつくそうなんですが、 大豆を食べる機会が少なく大豆に対応する腸内細菌が棲みつかないと、大豆イソフラボンも吸収されないみたいなんですね。

自分は果たして大豆イソフラボンを吸収できる腸内環境の持ち主なのかどうかというのは「ソイチェック」という尿検査をすればわかります。⇒http://www.hc-sys.com/#!soychk/c4yj

無理して豆乳を飲んでいる人もいると思うんですが、辛いだけで意味がない行為かもしれません。かりに大豆イソフラボンを吸収できない体質だったとしても、 大豆イソフラボンが腸内細菌によって変換された後のエクオールという成分を直接摂取できるサプリなどがあるので、それを利用すればOKです。

このページの先頭へ