Do it!ほうれい線を消す方法~改善度・予防効果で厳選!

老けて見える原因の第一位が....「ほうれい線」です。

メイクで隠すこともできず、顔の造形が大きく変わってしまうことを考えると、シミよりもシワやたるみのほうが肌の悩みとしては深刻です。

なかでも女性の見た目を劇的に老けてみせるのが「ほうれい線」です。 当サイトではそのほうれい線を消す方法を嘘偽りなくご紹介します。

最新情報

2014年12月28日
マイクロCRF(再生医療系)を更新しました。
2014年12月26日
【実践編】顔ヨガ・べろ回し運動を更新しました。
2014年12月23日
コラーゲンを1日5g摂取するを更新しました。

【要確認】なぜ、ほうれい線ってできるの?

ほうれい線を解消しようと思ったら、まずその原因をしっかり把握していないといけません。何が原因でほうれい線ができているかわかっていなければ、 これからたっぷりお伝えする「ほうれい線を消す方法」がなぜ効果があるのかが理解できないからです。

というわけで、ほうれい線ができる原因ですが、2つあります。

  • 表情筋の衰え
  • 肌深部のハリ弾力成分(コラーゲン・エラスチン)の劣化・変性

是非、これはしっかり覚えておいてください。

それから、最初にはっきりいっておきますが、深く刻まれてしまったほうれい線を消すというのは美容皮膚科や美容外科で、 高額な金額を支払って高周波を当てたり、ヒアルロン酸注入などをしないかぎり不可能だということです。

今よりちょっとでもいいからほうれい線を浅くしたいとか、薄くしたいということであれば、表情筋トレもある程度は効果を発揮しますが、 それでも限界はあるということは覚えておいたほうがいいです。

そんなわけなので、ほうれい線は進行しないようにする予防ケアすることが一番重要です。 できればお肌の曲がり角といわれる25歳を過ぎたらほうれい線ケアをはじめたいところ。

ほうれい線ができたわけじゃないのに、その予防をするというのは本当に意識が高い人にしかできないことだと思いますが、 ほうれい線対策としては、実はセルフケアできるものとしては一番有効なのでしっかり当サイトでその方法を紹介したいと思います。

ほうれい線を消す方法を【改善度】でランク付けすると...

ほうれい線を消すという方法はいろいろありますが、効果のあるもの、ないものが混ざっていてよくわからない状態になっています。 商品やサービスを売るための誇大表現やミスリードもありますから、それらに騙されないようにすることが大切です。

特に宣伝や広告の多いサイトなんかは要注意です。当サイトには広告や宣伝はないので、騙し情報は一切載せてませんから信頼してもらって大丈夫ですよ。

サーマクール、ヒアルロン酸注射に代表される美容医療【改善度80%以上】

はっきり刻まれてしまったほうれい線についてはこれはもう美容医療の力を借りるほかありません。この段階までくると美顔器とか化粧品とかはやるだけ無駄です。 「お金をかけなきゃダメ」です。

美容医療にはほうれい線に効果のあるさまざまな施術があって、年齢やかけられる金額、ほうれい線の程度にあわせて選ぶことができます。 本当にほうれい線を消したいというのであれば最初から美容医療一択でもいいと思いますよ。

当サイトで紹介しているほうれい線対策のための美容医療

表情筋トレーニングなど【改善度20~50%程度】

お金をかけられないという人に人気なのが表情筋トレーニングです。

ほうれい線の原因には「表情筋の衰え」というものもありますから、 これはしっかり意識して鍛えることで、ほうれい線が薄くなったり、顔全体の引き締まってシャープな印象になったりといった効果を実感できます。

効果については個人差が大きく、劇的にほうれい線が目立たなくなるという人もいれば、あまり変わらないという人もいます。 いずれにせよ毎日の地道で継続的なトレーニングが必要不可欠なので、本気で取り組む覚悟がない人は止めておいたほうがいいと思います。

当サイトで紹介している表情筋トレーニングのやり方

肌のコラーゲンを守る生活習慣【改善度0~20%未満】】

ほうれい線というのは、ようするに【肌の老化】ですから、肌の老化を防ぐことがほうれい線の進行を防ぐことにつながります。

肌の老化を促進させる要因というのはわかってますから、「いまよりひどい状態にしたくない!」とか「今、20代だけどほうれい線を予防したい!」という場合は、 しっかり肌のコラーゲンを守る生活習慣を送らないとダメです。

生活習慣について色々紹介しますが、「知っている」のと「実践している」では大きな違いがあるというのはいうまでもありません。 知っていても取り組まないなら知らないのと同じですからね。

今日から取り組みたい!肌のコラーゲンを守る8つの生活習慣

このページの先頭へ